保湿化粧水の重要性とは - 乾燥肌にお勧めの化粧水

保湿化粧水の重要性とは

subpage01

保湿化粧水は肌に水分を補給するのが最も大きな役割で、角質を柔らかくして次に使う美容液や乳液、保湿クリームなどの浸透を助ける働きがあります。
保湿化粧水はたっぷり使う方が効果的なので、買い求めやすい価格帯の製品でも使用量が十分であれば全く問題はありません。

化粧水の保湿に関する企業の一覧です。

肌が乾燥すると様々な肌トラブルを引き起こし、肌を守るための肌バリアも弱くなってしまいます。

紫外線などの外的刺激から肌を守れなくなり、全体的に老けた印象になってしまうこともあります。


また、乾燥すると肌のターンオーバーが上手く行われず、古い角質が剥がれていかないため、ニキビやゴワつき、くすみの原因にもなります。
肌が十分に潤うことは肌環境を整えるという意味で非常に重要なことです。

おすすめの成分は、とても有名なものでヒアルロン酸やセラミド、グリセリン、リピジュアなどがあります。中でもセラミドは角質層の細胞と細胞の間に存在する細胞間脂質の主成分で、毎日補うことで肌バリアを強化することが出来ます。


肌バリアが正常な状態になると水分の過度な蒸発を防ぐことが出来るようになるため、ひどい乾燥肌でも改善が見込めます。


セラミドには種類が5つほどありますが、その中でも酵母由来のヒト型セラミドは刺激があまりなく、肌に負担をかけず優しい使い心地だと言われています。

保湿化粧水は季節と肌質に合わせて使い分ける方が良いです。
夏場に高保湿化粧水を使うとベタつき感が出ますし、冬場にさっぱり系を使うと乾燥感が出ます。



化粧水は肌によく浸透するように作られていますので、選択を誤ってしまうと思わぬ肌トラブルを招くこともありますので、慎重に選びましょう。